スポンサーリンク

麻雀Mリーグ2019成績 16週目結果(1月27日~1月31日)

麻雀Mリーグ2019成績16週目画像

麻雀プロリーグ、Mリーグ2019はいよいよ終盤戦へ。

セミファイナルシリーズ進出を目指して、麻雀のトッププレイヤーたちが激しく競います。

Mリーグ16週目、1月24日~1月31日の1週間の対戦成績をまとめました。

Mリーグについてはこちらから。

Mリーグについてはこちら

Mリーグ成績 65日目結果(1月27日)

Mリーグ65日目の結果です。

第1試合結果
順位チーム名選手名獲得ptチームpt
1着赤坂ドリブンズ園田賢+57.4▲360.5(8位)
2着コナミ麻雀格闘倶楽部前原雄大+13.4▲24.6(5位)
3着セガサミーフェニックス和久津晶▲19.3+301.3(1位)
4着チーム雷電黒沢咲▲51.5+81.5(3位)

実況:小林未沙 解説:朝倉康心 審判:梶本琢程

赤坂ドリブンズの園田選手が東1局に2人リーチをかわす3900のアガリで幸先のよいスタート。

南2局には親の満貫4000オールをツモアガリで微差ながらトップに。

この微差のリードを南4局終了まで守りきり、園田選手がトップを獲得しました。

第2試合結果
順位チーム名選手名獲得ptチームpt
1着赤坂ドリブンズ村上淳+57.9▲302.6(8位)
2着セガサミーフェニックス魚谷侑未+15.7+317.0(1位)
3着チーム雷電萩原聖人▲26.1+55.4(3位)
4着コナミ麻雀格闘倶楽部藤崎智▲47.5▲72.1(6位)

実況:小林未沙 解説:朝倉康心 審判:梶本琢程

赤坂ドリブンズの村上選手が東1局に満貫8000をアガって先制点をあげる。

東4局にも満貫8000のアガリで小さなリードながらトップに。

その後2着で迎えた南4局、トップ逆転となる渾身の満貫をツモアガリ。村上選手がトップを獲得しました。

園田選手と村上選手のふたりで赤坂ドリブンズは1日2勝、さらにチームは4連勝を達成です。

Mリーグ成績 66日目結果(1月28日)

Mリーグ66日目の結果です。

第1試合結果
順位チーム名選手名獲得ptチームpt
1着EX風林火山勝又健志+50.8▲117.2(7位)
2着ユーネクストパイレーツ小林剛+10.2▲0.4(4位)
3着渋谷アベマス白鳥翔▲12.4▲72.5(6位)
4着カドカワサクラナイツ沢崎誠▲48.6+192.4(2位)

実況:松嶋桃 解説:鈴木たろう 審判:張敏賢

EX風林火山の勝又選手が東1局に500・1000のツモアガリで先制。

南1局には満貫2000・4000のツモアガリで微差のトップに。

南4局に一時トップを逆転されるも、最後は流局のテンパイノーテンでトップ逆転。勝又選手がトップを獲得しました。

第2試合結果
順位チーム名選手名獲得ptチームpt
1着渋谷アベマス松本吉弘+65.6▲6.9(5位)
2着ユーネクストパイレーツ朝倉康心+18.6+18.2(4位)
3着EX風林火山勝又健志▲22.3▲139.5(7位)
4着カドカワサクラナイツ岡田紗佳▲61.9+130.5(2位)

実況:松嶋桃 解説:鈴木たろう 審判:張敏賢

渋谷アベマスの松本選手が東1局は12000点の放銃からスタートの苦しい展開。しかしすぐに満貫2000・4000をツモアガって取り返す。

南2局に満貫8000点をアガってトップを狙える位置につける。さらに南3局の親で満貫12000のアガリで微差のトップに。

南4局にはトップ逆転されるも、最後は満貫をアガり、トップ再逆転。松本選手がトップを獲得しました。

松本選手は約3か月ぶりのトップ獲得。勝利者インタビューの松本選手の言葉をしぼり出すような話ぶりが印象的でした。

Mリーグ成績 67日目結果(1月30日)

Mリーグ67日目の結果です。

第1試合結果
順位チーム名選手名獲得ptチームpt
1着セガサミーフェニックス近藤誠一+72.3+389.3(1位)
2着赤坂ドリブンズ鈴木たろう+1.6▲301.0(8位)
3着ユーネクストパイレーツ瑞原明奈▲20.9▲2.7(4位)
4着EX風林火山滝沢和典▲53.0▲192.5(7位)

実況:日吉辰哉 解説:多井隆晴 審判:張敏賢

セガサミーフェニックスの近藤選手が東1局に満貫8000のアガリでトップ先行。

その後、南入時にはトップ争いは接戦に。南3局には満貫のアガリをものにして再度トップにたつ。

南4局の親で満貫4000オールのツモアガリでダメ押し。近藤選手がトップを獲得しました。

セガサミーフェニックスのチーム成績1位、近藤選手の個人成績1位ともしっかりキープしてます。

第2試合結果
順位チーム名選手名獲得ptチームpt
1着EX風林火山滝沢和典+50.6▲141.9(7位)
2着赤坂ドリブンズ村上淳+7.3▲293.7(8位)
3着ユーネクストパイレーツ朝倉康心▲-18.0▲20.7(5位)
4着セガサミーフェニックス茅森早香▲-39.9+349.4(1位)

実況:日吉辰哉 解説:多井隆晴 審判:張敏賢

東場はそれぞれの選手がアガって点数が均衡する混戦模様。試合が動き出したのは南場から。

EX風林火山の滝沢選手が南3局の親で満貫12000のアガってトップに。

南4局は激戦の中、トップ逃げ切りに成功。滝沢選手がトップを獲得しました。

Mリーグ成績 68日目結果(1月31日)

Mリーグ68日目の結果です。

第1試合結果
順位チーム名選手名獲得ptチームpt
1着コナミ麻雀格闘倶楽部佐々木寿人+69.8▲2.3(4位)
2着チーム雷電黒沢咲+13.8+69.2(3位)
3着カドカワサクラナイツ沢崎誠▲16.7+113.8(2位)
4着渋谷アベマス多井隆晴▲66.9▲73.8(6位)

実況:松嶋桃 解説:土田浩翔 審判:梶本琢程

コナミ麻雀格闘倶楽部の佐々木寿人選手、東場は小さなアガリで好位置をキープ。

南入して南2局、跳満12000のアガリでトップに抜け出す。

南3局にも満貫8000のアガリ、持ち点も50000点を超え、これがダメ押し。

このまま終了して佐々木寿人選手がトップを獲得しました。

第2試合結果
順位チーム名選手名獲得ptチームpt
1着渋谷アベマス白鳥翔+57.7▲16.1(4位)
2着カドカワサクラナイツ内川幸太郎+7.9+121.7(2位)
3着チーム雷電瀬戸熊直樹▲15.3+53.9(3位)
4着コナミ麻雀格闘倶楽部前原雄大▲50.3▲52.6(6位)

実況:松嶋桃 解説:土田浩翔 審判:梶本琢程

渋谷アベマスの白鳥選手が東1局に満貫2000・4000のツモアガリで幸先のよいスタート。

東3局には跳満3000・6000のツモアガリでダントツのトップに。

南場は守勢にまわるも、放銃をさけて逃げ切りに成功。白鳥選手がトップを獲得しました。

今週の成績 16週目結果(1月27日~1月31日)

Mリーグ16週目、1月31日終了時点のチーム成績です。

今週のチーム成績
順位チーム名チームpt(先週比)試合数
1位セガサミーフェニックス+349.4(+28.8)68/90
2位カドカワサクラナイツ+121.7(▲119.3)68/90
3位チーム雷電+53.9(▲79.1)68/90
4位渋谷アベマス▲16.1(+44.0)68/90
5位ユーネクストパイレーツ▲20.7(▲10.1)68/90
6位コナミ麻雀格闘倶楽部▲52.6(▲14.6)68/90
7位EX風林火山▲141.9(+26.1)68/90
8位赤坂ドリブンズ▲293.7(+124.2)68/90

今週チームポイントを伸ばしたのは赤坂ドリブンズ。1着2回、2着2回の+124.2ptでポイント大きく回復してます。

チーム成績1位は先週に引き続きセガサミーフェニックス。今週+28.8ptと堅実な成績で首位を盤石にしてます。

その一方で2位以下は混戦、セミファイナル進出の6位以内に入る争いが激しいです。

続いてMリーグ16週目、1月31日終了時点の個人成績です。

今週の個人成績
順位チーム名選手名個人pt(先週比)試合数
1位フェニ近藤誠一+405.1(+72.3)16
2位サクラ沢崎誠+280.9(▲65.3)30
3位ドリブ村上淳+224.4(+65.2)18
4位アベマ白鳥翔+209.0(+45.3)19
5位雷電瀬戸熊直樹+139.4(▲15.3)25
6位フェニ魚谷侑未+137.2(+15.7)20
7位パイレ小林剛+57.8(+10.2)20
8位麻雀前原雄大+51.3(▲36.9)16
9位雷電黒沢咲+47.4(▲37.7)20
10位パイレ朝倉康心+27.9(+0.6)20
11位アベマ多井隆晴+2.8(▲66.9)19
12位風林勝又健志+0.2(+28.5)26
13位麻雀佐々木寿人▲4.1(+69.8)20
14位フェニ茅森早香▲7.7(▲39.9)20
15位サクラ内川幸太郎▲13.1(+7.9)22
16位風林滝沢和典▲21.6(▲2.4)26
17位アベマ日向藍子▲24.4(±0.0)12
18位麻雀藤崎智▲41.7(▲47.5)16
19位パイレ瑞原明奈▲49.2(▲20.9)15
20位パイレ石橋伸洋▲57.2(±0.0)13
21位麻雀高宮まり▲58.1(±0.0)16
22位ドリブ丸山奏子▲96.2(±0.0)
23位風林二階堂亜樹▲120.5(±0.0)16
24位雷電萩原聖人▲132.9(▲26.1)23
25位サクラ岡田紗佳▲146.1(▲61.9)16
26位ドリブ鈴木たろう▲169.0(+1.6)20
27位フェニ和久津晶▲185.2(▲19.3)12
28位アベマ松本吉弘▲203.5(+65.6)18
29位ドリブ園田賢▲252.9(+57.4)21

今週の得点王はセガサミーフェニックスの近藤選手、1試合出場して+72.3ptでした。

個人ptも400ptを超え、個人成績1位の座を盤石にしています。

その他にも赤坂ドリブンズの村上選手、コナミ麻雀格闘倶楽部の佐々木寿人選手、渋谷アベマスの松本選手が今週+60pt超える好成績をあげてます。

次週も熱戦が期待されます。楽しみですね。

麻雀を楽しんでもらえれば幸いです。

ここまで見ていただき、ありがとうございました。