麻雀の符計算の覚え方【初心者向けもあり】

麻雀の符計算の覚え方画像

麻雀の符計算はむずかしいと感じることはありますか。そのような場合はだいたいの符計算を覚えることから入る方法がおすすめです。

簡単に覚えられるところから始めて、練習や実戦を通して覚える範囲を少しずつ広げていくことで、無理せず符計算を覚えていくことができます。

麻雀の符計算を覚えたい人におすすめの記事となっています。

この記事をおすすめする人
  • 符計算をこれから覚えたい人
  • 符計算がわからない初心者の人
  • 符計算の理解を深めたい人

麻雀の符計算はなぜ難しいか

麻雀の符計算が難しい理由は、覚えることがたくさんあるような感じがして、複雑に思えるからです。

また麻雀の符計算は難しいとよく言われるので、必要以上に難しく考えてしまっている場合もあります。

最初は符計算をシンプルに覚えることから始めることがおすすめです。少しずつ段階をふんで覚えていくことが符計算の覚え方のコツのひとつです。

最初はよく使う符計算だけ覚える

初心者におすすめの符計算の覚え方は、まずよく使う符計算だけを覚えることです。

よく使う符計算の結果は30符と40符です。そして30符と40符の見分け方は、次の4つパターンに分けられます。

よく使う符計算の結果4つのパターン

  • 門前でロンなら大抵は40符
  • 門前でツモなら大抵は30符
  • 鳴いてロンなら大抵は30符
  • 鳴いてツモなら大抵は30符

麻雀のアガリで符計算の多くは上にあげたの4つのパターンの30符と40符です。

この4つのパターンに当てはまらないものもありますが、まずは覚えやすくよく使う符計算から覚えます。「門前ロンなら大抵は40符、それ以外は大抵は30符」と覚えておくとよいです。そしてこの4つのパターンの例外になる手役がふたつあります。それがピンフとチートイツです。

次はピンフとチートイツの符計算を覚える

よく使う符計算の4つのパターンの例外になる手役がピンフ(平和)とチートイツ(七対子)です。ピンフとチートイツは符計算が決まっているのでそのまま覚えてしまうのがわかりやすいです。

ピンフとチートイツの符計算

  • ピンフツモなら必ず20符
  • ピンフロンなら必ず30符
  • チートイツツモなら必ず25符
  • チートイツロンなら必ず25符

チートイツはツモでもロンでも必ず25符です。4翻以下の場合はツモのほうが点数が倍になるのでお得です。

ここまでの「よく使う符計算の結果4つのパターン」と「ピンフとチートイツの符計算」を覚えることで、麻雀の符計算のうち多くのケースの符計算をフォローすることができます。

最後に正式な符計算を覚える

「よく使う符計算の結果4つのパターン」と「ピンフとチートイツの符計算」を覚えたら、最後に正式な符計算を覚えます。

符計算は次の4つの要素で決まります。

  • 基本点
  • 手牌のメンツの種類
  • 待ちの種類
  • ツモかロンか

基本点

麻雀のアガリには基本点として必ず20符がつきます。ただし門前ロンは基本点が30符になります。以下のとおりです。

アガリの種類基本点
門前ツモ20符
門前ロン30符
鳴いてツモ20符
鳴いてロン20符

麻雀の点数計算表に20符未満がないのは基本点が20符以上つくからです。

手牌のメンツの種類

手牌のメンツの符計算はメンツの種類によって変わります。以下のとおりです。

種類数牌の2~81・9・字牌
雀頭0符0符(役牌は2符)
明刻(ポン)2符4符
暗刻4符8符
明槓8符16符
暗槓16符32符

「1・9・字牌」は「数牌の2~8」の2倍の符計算と覚えるとよいです。なお順子はすべて0符です。

待ちの種類

待ちの種類によっても符計算が変わります。以下のとおりです。

待ちの種類符計算
リャンメン待ち0符
カンチャン待ち2符
ペンチャン待ち2符
シャンポン待ち0符
単騎待ち2符

待ちの種類が複合する場合はアガった待ちの種類で符計算をします。

手牌が「6667」で待ちが「5・7・8」というような5・8のリャンメン待ちと7の単騎待ちというような、変則待ちの場合は「5・8」でアガったらリャンメン待ちの0符で計算、「7」でアガったら単騎待ちの2符で計算します。

「5678」で待ちが「5・8」のノベタン待ちは、待ちとしてはふたつあるのでリャンメン待ちに見えますが、5でも8でも単騎待ちの2符で計算します。

手牌が「34456」の場合は通常「2・5」のリャンメン待ちの0符と考えます。しかし手牌を「345」と「46」で「5」のカンチャン待ちと考え、2符とすることもできます。

ただしピンフの場合はかならずリャンメン待ちが条件なので、2符とすることはできません。

待ちの種類が複合する場合は「アガリ点数が一番高くなる」ように符計算をします。

ツモかロンか

ツモかロンかで符計算が変わります。ツモは2符、ロンは0符です。これは基本点とは別に加えられます。

ツモorロン符計算
ツモ2符
ロン0符

ただし以下のふたつの手役はツモの2符が加えられない「例外」となっています。

ツモの2符がつかない手役

  • ピンフ
  • チートイツ

順子のみで構成されて必ずリャンメン待ちのピンフは「符がない」役であるため、ツモの2符が加えられないルールになっています。そのためピンフの符計算は必ず基本点のみで、ピンフツモは20符、ピンフロンは30符です。

雀頭が役牌の場合にピンフにならないのは「役牌の雀頭に2符がつくから」という覚え方ができます。

チートイツはツモ・ロンとも符計算のルールに関係なく25符で、ツモの2符が加えられないルールになっています。

符の計算式

符の計算式は以下のとおりです。

符の計算式

符計算=①基本点+②メンツ+③待ち+④ツモorロン

この符の計算式と手役の飜数によって点数計算が決まります。

点数計算についてはこちら。

おすすめの符計算の覚え方

おすすめの符計算の覚え方はやはり実戦がおすすめです。麻雀を楽しみながら符計算を覚えていくことができます。方法は2つあります。

ひとつはひとり用の麻雀ゲームや麻雀アプリで麻雀を楽しみながら覚える方法です。

符計算を自動的に行ってくれるので、自分や相手がアガったときの符計算を自然と見るのでよく見かける符計算を覚えやすいです。またひとりできるので練習しやすいです。

もうひとつの方法は符計算がわかる人と卓を囲んで麻雀をすることです。予め符計算に不慣れなことを伝えておけばアガったときに教えてくれることが大半です。

麻雀は4人揃わないとできないゲームなので、麻雀ができる人は多くいた方が嬉しいし、楽しいから丁寧に教えてくれる人が多いです。

符計算を覚えるのは楽しみながら覚えることがおすすすめです。

まとめ

さいごにポイントをまとめます。

まとめ
  • 最初はよく使う4つのパターンを覚える 
  • その4つは門前ロン・ツモと鳴いてロン・ツモ
  • 次にピンフとチートイツの符計算を覚える
  • 最後にきちんと符計算を覚える
  • 符計算を覚えるコツがある
  • 覚える方法は実戦がおすすめ
  • ひとり用のゲームやアプリがいい
  • わかる人と麻雀をするのもいい


最初から完璧に覚えようとせずに、わかりやすいところから少しずつ覚えていくことがおすすめです。

また実際にアプリや人と麻雀をして楽しみながら覚えていくほうが身につきやすいです。符計算を覚えて麻雀を楽しむ人が増えれば嬉しく思います。

麻雀の符計算を覚えたい人の参考になれば幸いです。最後まで見ていただき、ありがとうございました。