お願いを聞いてもらえる!「伝え方」3つのステップ

お願いを聞いてもらえる!「伝え方」3つのステップ画像

人にお願いするとき「イエス」の回答をもらう可能性を上げる方法を知りたいでしょうか?

シリーズ発行部数130万部のベストセラー書籍「伝え方が9割」にわかりやすく説明されているので紹介します。

著書の佐々木圭一さんはコピーライターとして活躍中で、文章で仕事をしているので本書はとても読みやすい構成・内容になってます。

仕事でもプライベートでも、実践しやすい内容ばかりでとても実用性が高いです。

本書「伝え方が9割」を読んでベストセラーになっていることに納得しました。

本書の内容を知ることで相手に応えてもらえるお願いの伝え方がわかります。

そしてお願いに「イエス」と応えてもらえることで、人生をより良くしやすくなります。

スポンサーリンク

「イエス」に変える3つのステップ

お願いをするときに「イエス」の回答がもらえる可能性を少しでも上げることができる、「ノー」を「イエス」に変えるお願いコトバをつくる3つのステップです。

自分の頭の中をそのままコトバにしない

自分が頭の中で考えたことをストレートに伝えるとうまくいくこともあり、うまくいかないこともあります。

そこでうまくいく可能性を少しでも上げるために、伝えるコトバを考えるようにします。

まず1つめのステップは自分が頭の中で考えたことをそのまま口にすることをやめることが大切です。

相手の頭の中を想像する

頭の中で考えたことをそのまま口にすることを抑えて、相手が頭の中で何を考えているかを想像します。

「イエス」になりそうならそのまま伝えてOKです。「ノー」になりそうなら相手の頭の中を想像して相手のメリットになりそうな情報を考えます。

具体的な方法は後述する「「イエス」に変える7つの切り口」を使います。

相手のメリットと一致するお願いをつくる

相手が頭の中で考えていることをもとにして、伝えるコトバをつくります。

お願いをする相手の回答が「イエス」になるように、相手のメリットと一致するコトバでお願いをつくります。

目的はコトバを伝えること以上に、自分が求めていることを達成することです。

「イエス」に変える7つの切り口

相手の好きなこと

お願いを「相手の好きなこと」からつくることで相手のメリットに変えます。

そのように言い換えて相手のメリットにすることで、お願いが「イエス」をもらえる可能性が上がります。

嫌いなこと回避

お願いを「これが嫌いでしょう?それならやらないほうを選択しましょう」という切り口からつくります。

これによりお願いを聞くことが相手のメリットに変わります。

人は快いことを求める欲求よりも、痛みや嫌なことを避ける欲求が強いことが多く、使い方次第で大きな効果が期待できます。

選択の自由

「相手の好きなこと」を応用したものです。

2つ以上の相手の好きなことをあげることで、相手が前向きに選べるようにします。

人はひとつのことを決断することは得意ではないです。

一方で、人は2つ以上の選択肢から比較することは得意です。

その性質を利用して、さらに相手が選べることでメリットが強調されます。

認められたい欲

相手の頭の中に「他人に認められたい」、「いい顔を見せたい」という承認欲求があるときに効果があります。

人間のDNAには「認められたい欲」が組み込まれているので、それを満たすためならばちょっとくらい面倒なことでもやろうと思う性質があります。

面倒なことをお願いするときには「いい仕事をしているあなたに頼みたい」というような、相手を認めるコトバから入っていくこの方法が効果が見込めます。

あなた限定

相手が「寂しがりや」、「自分が好き」という場合に効果を発揮します。

もともと人はあなただけ、という「あなた限定」に弱いです。

その相手の名前を使って「私こそが必要と思われている」とその相手の心を満たすことで、お願いに「イエス」をもらえるようにします。

チームワーク化

相手が「面倒くさいと思っている」、「やる必要性がそこまでない」と考えているときに効果を発揮します。

ひとりだと赤信号を渡りたくなくても、「一緒にに渡りましょう」と言われると、「他の人と一緒であれば」と人は動きやすいです。

この方法は自分も一緒に動くことが前提となります。

感謝

ここまでの6つの切り口が使えないときの最終手段です。

昔から、人はお願いをかなえてもらうために「感謝」をしてきました。

世界中の農業文化の「収穫祭」も豊作の願いが込められており、その一例です。

「ありがとう」と感謝を伝えられると、人は「ノー」と言いにくくなる傾向があります。

まとめ

「イエス」に変える3つのステップと「イエス」に変える7つの切り口。

このふたつの方法で「ノー」となるはずだったお願いを「イエス」に変える可能性を上げることができます。

これらは自分のハッピーと相手のハッピーをいっしょにつくりあげていく方法です。

お願いを実現させる答えは自分の中にあるのではなく、相手の中にあります。

自分のお願いに相手から「イエス」と応えてもらえることで、人生をより良くしやすくなります。

なお本書「伝え方が9割」には具体例を交えてより詳しく説明されているので、ぜひ一読して欲しいおすすめの良書です。

参考になれば幸いです。最後まで見て頂いてありがとうございました。