スポンサーリンク

プロ麻雀士 佐々木寿人プロの紹介

プロ麻雀士、いわゆる麻雀プロの紹介です。いち推しの麻雀プロの印象などを紹介します。

紹介するのは約2000人いる麻雀プロの中で、選りすぐりのトッププレイヤーです。強さや実績は当然ですが技術、個性やカリスマなど、突出した魅力を持つ麻雀プロです。

麻雀好きの方、また麻雀ができなくても麻雀プロに興味がある方はぜひご一読を。いままでの麻雀の認識とは違う一面が見えてくることと思います。

佐々木寿人 (所属団体:日本プロ麻雀連盟)

佐々木寿人プロ画像

容姿

細身長身、見る人によってイケメン。いつも眠そうな表情に見えますが、麻雀牌をみる眼は鋭いです。

Mリーグのユニフォームは結構似合っているように思います。意外とユニフォーム姿が似合う麻雀プロNo.1です。

佐々木寿人プロの容姿はこちらから

雀力・雀風

攻め強い。メンゼンと鳴きのバランス型。選択肢に攻めと守りが選べる時に攻めを選ぶことが多い雀風。

摸打のスピードが速いのが特徴的。「麻雀はテンポのとり合い」が持論で、アガリのテンポと摸打のテンポを自分のペースに持っていくよう意識しているようです。佐々木プロが勝つ時は対局時間が短いことがよくあります。

「ドラなし、役なし、愚形まち」のガラクタのような手牌から繰り出すリーチ、通称「ガラクタリーチ」の使い手。素人目にアガリ目が少なそうなのですが、功を奏することがしばしばあります。良い子は真似しないでください。

またホンイツが得意?で自称「ホンイツ評論家」。冗談めかしているところもありますが、確かに実戦ではホンイツに寄せて、鳴いて、仕上げるという攻め筋もしばしばみられます。

獲得タイトル

・第10期チャンピオンズリーグ
・第7期麻雀グランプリMAX
・第4期麻雀日本シリーズ
・他多数

ビックタイトルを始め、多くのタイトルを獲得しています。ここ一番の勝負強さを見せつけています。

解説者

麻雀同様に言葉短く、テンポのいい解説です。状況判断から対局者の思考まで、手早く説明してくれます。

声は眠そうかも。でも渋い声でもあります。出番はあまり多いほうではないかもしれません。機会があればチェックを。

「ホンイツ評論家」らしく、対局者にホンイツ手が入ると解説にやや力が入るのにも注目です。

魅力

「攻めダルマ」と称される圧倒的な攻め麻雀が魅力。攻めて攻めて攻めまくる。圧倒的強さを見せつけたときは「魔王」と称されることもあります。魔王なのでダークサイド寄りのようです。

攻めるしかない劣勢に追い込まれたときは火の出るような攻勢をみせます。見ていて面白いです。対局相手にするには怖すぎます。

また摸打が速いので視聴者としてはテンポよく進んでありがたいです。でも実況者と解説者は進行についていくのが大変ですね。

テレビカメラの眼の前で地和をアガるような強烈な華を持ち合わせています。地和だけでもすごいのに、放送対局でそれがでるのが「もっている」麻雀プロの証明です。

Mリーグ

KONAMI麻雀格闘倶楽部から第1巡指名を受けて、Mリーガーとして活躍しています。

レギュラーシーズン序盤は個人ポイント21名中最下位と苦戦したものの、徐々に調子を上げ最終的には3位まで上昇。エースとしてチームをファイナルシリーズに導く活躍をみせました。

佐々木プロのMリーグ終了後コメントはこちら。

RTDトーナメント

RTD2018準決勝7位。これによりRTDトーナメント出場選手です。

まとめ

強い。攻めダルマ。攻め魔王。ガラクタリーチ。

とにかく圧倒的な攻撃力がある。かといって守りも普通にできる。

視聴者的にはテンポが良くて、麻雀の内容も派手。見ているだけで面白い麻雀プロのひとりです。

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

他の麻雀プロを見るにはこちらから