スポンサーリンク

プロ麻雀士 二階堂亜樹プロの魅力とは

プロ麻雀士二階堂亜樹プロの魅力とは

麻雀プロの二階堂亜樹プロをご存知でしょうか。

二階堂亜樹プロは実力だけでなくかわいい容姿も兼ね備え、約2000人いると言われている麻雀プロの中でも押しも押されぬトッププレイヤーのひとりです。

そして女流プロのタイトルなどを複数獲得している実績があります。

麻雀のプロリーグである「Mリーグ」では、2018年のドラフトでEX風林火山から1位指名を受けて活躍するMリーガーです。

また自団体のリーグ戦では上から2番目のA2リーグに所属している才色兼備の麻雀プロです。

二階堂亜樹 (所属団体:日本プロ麻雀連盟)

容姿

小柄な体格にかわいい笑顔がよく似合う容姿です。

プロデビュー当初から実力とともに、その華がある容姿も話題になり、テレビ対局には必須の女流麻雀プロでした。

その容姿から「卓上の舞姫」のキャッチフレーズで呼ばれています。

一方で対戦中は表情がくるくるとかわり、男性っぽい表情で考えこんだりする場面がよく見られます。男性っぽい表情もかわいらしく映るのが魅力的なところです。

姉の二階堂瑠美プロも麻雀プロで、麻雀プロ姉妹としても知られています。

二階堂亜樹プロの容姿はこちらから

雀力・雀風

守備に定評がある守備寄りのバランス型な雀風です。

メンゼンとポンチーの鳴きは状況に応じて選択するバランス型。

守備が固くて大崩れすることが少なく、中期~長期の対戦においてポイントを減らさずに、最終成績をうまくまとめることに長けています。

それを裏付けるように自団体のリーグ戦では上から2番目のA2リーグをキープしています。

ドラを大切にすることで有名で「ドラは恋人」という名言をのこしています。

その一方でチートイツは好きでないことも明言しています。

一線級の麻雀プロに混ざっても引けを取らない雀力は一流で、見た目のかわいらしさに油断すると痛い目を見ることになります。

獲得タイトル

  • 第3回モンド21王座決定戦
  • 第3期プロクイーン
  • 第2・3期女流桜花
  • 女流プロ麻雀日本シリーズ2017

女流タイトル戦を中心にタイトルを複数獲得していて、獲得タイトルが実力と経験を示しています。

Mリーグでの活躍もあり、これからもタイトル争いでの活躍が期待されます。

解説者

最近は解説者としての登場は少なめの印象です。

経験に基づいた状況分析や打牌選択は精度が高く、解説も雀力向上の参考になります。

テレビ対局の出場経験の豊富さから、余裕のある解説を展開してくれます。

容姿から想像しにくいハスキーなボイスで、そのギャップに意外の念を感じるかもしれません。

機会があればぜひ一度、二階堂亜樹プロの解説を聞いてみてください。

魅力

容姿端麗にして見た目と強さのギャップが魅力です。

特にその高い守備力はまさに「イージスの盾」。

実家の家業が雀荘で若い頃から麻雀に慣れ親しんでいたため、経験の比重が大きい麻雀において若くして頭角を現しています。

その生い立ちは二階堂亜樹プロ自身が原案を担当して漫画化され、さらに映画化もされています。

若くて強いだけでも華になるのに容姿にも華があり、ファンへのアピール力が抜群です。

麻雀の他の活動としては、ツイッターやインスタグラムのアカウントを開設されてます。

またパチスロの造詣が深く、雑誌に連載を持つほどの腕前です。

Mリーグ

EX風林火山から第1巡指名を受けて、Mリーガーとして活躍しています。

Mリーグ2018ではそのバランスのとれた強さと高い守備力を発揮。

特に4着が極めて少ない戦いぶりはチームのファイナルシリーズ進出に大きく貢献しました。

ファイナルシリーズでは優勝こそ逃したものの、準優勝を獲得。

次シーズンでは個人成績の上位争いとチームの優勝に期待がかかります。

まとめ

強い、才色兼備、ハスキーボイス、見た目とのギャップも魅力、なんと本人が映画化もされてる。

二階堂亜樹プロは麻雀界の顔として、常に第一線で活躍してます。そしてその強さと勢いはまだまだ続きそうです。

Mリーグでユニフォームを着て対戦している姿も魅力的ですのでぜひ見てみてください。

麻雀の理解が深まれば幸いです。最後まで見ていただき、ありがとうございました。

他の麻雀プロを見るにはこちらから