スポンサーリンク

おすすめアニメ5選 【初心者向け】

初心者にもおすすめのアニメ5選画像

アニメ初心者が見るならどのアニメがいいか?

アニメも長い年月で作品が多すぎて、どれがいいのかすぐにわからなかったりします。

アニメ視聴歴が約15年の自分がこんなツイートをしました。

そこでツイートの中からおすすめの人気アニメを5つ、紹介します。

どの作品も話題作であり、また多くが長く続いた、または続いている作品です。

今回このためにリストアップしたアニメが150以上ありました。

その中から、内容は王道のストーリーで面白い作品を厳選しています。

夏目友人帳

【あらすじ】

小さい頃から妖怪を見ることができた少年・夏目貴志は、祖母レイコの遺産「友人帳」を受け継ぎ、自称用心棒のニャンコ先生(=妖怪の斑(まだら))と共に、そこに名を縛られた妖怪たちに名を返す日々を送る。

妖(あやかし)と、そこに関わる人との触れ合いを通して、自分の進むべき道を模索し始めた夏目は、想いを共有できる友人たちにも助けられながら、大切な日々を守るすべを見つけていこうとする。

【みどころ】

いわゆる、妖怪・あやかしモノですが、怖い話ではなく、心温まるハートフルストーリが多いです。

たいてい1~2話で完結の話は「めでたしめでたし」な終わり方をするので、安心して見ていることができます。

原作はアニメよりも線が細い描画なのですが、アニメ化でスタッフの方々ががとてもよくキャラクターの魅力を引き出しています。

用心棒のニャンコ先生の可愛さ、キュートさがとても魅力的でキャラクターグッズが多数出るのも納得。

主要キャラクターも個性的な、魅力的なキャラクターばかりです。

第1期は2008年に放映されてそれから10年余、約2年に1度のペースで2018年に第6期まで放送されている、アニメでは異例の長さで続いている、愛されている人気作です。

Fate/Zero

【あらすじ】

奇跡を叶える『聖杯』の力を追い求め、七人の魔術師(マスター)が、七人の英霊(サーヴァント)を召喚し、最後の一人になるまで戦いを繰り広げる究極の決闘劇……聖杯戦争。

それぞれに勝利への悲願を託し、冬木と呼ばれる戦場へと馳せ参じる魔術師たち。

だがその中でただ独り、己の戦いに意味を見出せない男がいた。

彼の名は言峰綺礼(ことみねきれい)。だが戦いの運命は、やがて綺礼を一人の宿敵と巡り合わせることになる。

それが衛宮切嗣(えみやきりつぐ)。誰よりも苛烈に、誰よりも容赦なく、奇跡の聖杯を求め欲する男だった。

【みどころ】

バトルもので、7人の主役が「聖杯」を手にするため繰り広げるバトルロイヤル。

人気ゲーム「Fate/stay night」のスピンオフ的作品でゲーム内で断片的に語られるのみだった「第四次聖杯戦争」について描かれています。

主役である7人の魔術師(マスター)がそれぞれひと癖もふた癖もあるキャラクターで、見ればきっと好きなキャラクターでできること間違いなし。

一方で7人のサーヴァントも歴史上の英雄をモチーフにしており、これがまた魅力的です。

その中でも特に正義感あふれるランスロット(セイバー)、冷静冷徹なギルガメッシュ(アーチャー)、豪放磊落なイスカンダル(ライダー)、忠義の人ディルムッド(ランサー)はファンも多いです。

ストーリーも序盤にバトルを見せつつ、登場人物の性格や背景を明らかにしながら聖杯の核心に迫っていく話は目が離せません。

キャラクターよし、ストーリーよしのおすすめアニメです。

ダイヤのA

西東京の野球名門校である青道高校野球部に所属する左利きのピッチャー・沢村栄純。

甲子園出場を目指して奮闘し、エースピッチャーを目指す。

目指すは全国の頂点のみ「目指せ、全国制覇!!」

【みどころ】

高校野球モノの王道のストーリーです。

地方から東京の名門野球部に入部した沢村が仲間とともに時に競い、時に協力して成長し、甲子園優勝の全国制覇を目指す。

とにかく登場する選手が味方も敵も実在を疑うくらいイケメンが多い。

沢村のチーム内のライバルであるピッチャーの降谷、そして女房役のキャッチャーの御幸と豪腕、敏腕の主要キャラを始めとして、みんな高校生とは思えないくらいしっかりしている。

それがキャラクターの魅力になっています。

敵チームも稲城実業を始めとして、東京や全国の強豪校ばかりでイケメンも多めです。

沢村が時に勝って喜び、時に負けて悔しがり、悔しさをバネに成長していきます。

高校野球モノとして面白いし、キャラクターも魅力的です。

漫画原作も2006年から現在なお続いており、コミックスも60巻を超えています。

おすすめの王道スポーツアニメです。

ワンパンマン

【あらすじ】

趣味でヒーローを始めた男、サイタマ。

彼は3年間の特訓により無敵のパワーを手に入れた。

だが、あまりに強くなりすぎてしまったゆえに、どんな強敵が相手でもワンパンチで決着がついてしまう。

「圧倒的な力ってのは、つまらないもんだ」そんな平熱系最強ヒーローの前に、今日も新たな敵が現れる。今日こそ本気が出せるのか!?

【みどころ】

バトルものでギャグ多めですが、主人公のサイタマ先生がチート級の強さなので、サイタマ先生のバトルは一瞬(ワンパンチ)で終わることが多いです。

サイタマ先生があまりに強すぎてギャグになってしまってます。

むしろその周辺を彩る主力(常識的な強さの)ヒーローである、S級ヒーローのバトルのほうがバトルものとして王道のストーリーです。

また漫画の作画である村田雄介のキャラクターをかっこいい&きれいなままに(サイタマ先生除く)アニメ化されています。

アニメは3期を放送、漫画原作は連載継続中の笑えて面白い、おすすめアニメです。

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST

【あらすじ】

エドワードとその弟アルフォンスは、幼き日に亡くなった母親を思うあまり、死んだ人間を蘇らせるという錬金術最大の禁忌、人体錬成を行ってしまう。

しかし錬成は失敗し、エドワードは左足を、アルフォンスは体全てを失う。

己の右腕と引き換えに、かろうじて弟の魂を錬成し、鎧に定着させることに成功したが、その代償はあまりにも大きすぎるものであった。

エドワードはアルフォンスと共に、失った全てを取り戻すため、絶大な力を持つ「賢者の石」を探す旅に出る。

右腕と左足を鋼の義肢「機械鎧(オートメイル)」に変えた彼を、人は「鋼の錬金術師」と呼ぶ・・・。

【みどころ】

ファンタジー&バトルものです。

64話に及ぶ長いアニメなのですが、ストーリーが中だるみすることなく、次々と展開していくところが秀逸です。

原作が月刊連載ということも影響しているかもしれません。

錬金術の力を使ったバトルもみどころ十分ですが、登場人物の背景や人間関係も面白いです。

徐々に明かされていく「賢者の石」の真相とそれに携わる人(?)たちの関係もハラハラドキドキします。

エドワード(鋼の錬金術師)の他にも様々な錬金術師が登場するので誰かひとりは好きになるのではないでしょうか。

アニメ64話は4クールで1年以上続いて完結しました。文句なしのおすすめアニメです。

さいごに

アニメの好みは人それぞれです。

しかし多くの人に愛されるアニメはあります。

そんなアニメを自分が見てリストアップした150以上の中から厳選しました。

どの作品も長く続いて、長く記憶に残り、愛されている作品です。

まだ見たことがない人はぜひ見てほしい作品ばかりです。

参考になれば幸いです。最後まで見て頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アニメ・漫画
\ この記事をシェア /
スポンサーリンク
アルファノブログ