スポンサーリンク

プロ麻雀士 和久津晶プロの紹介

プロ麻雀士、いわゆる麻雀プロの紹介です。いち推しの麻雀プロの印象などを紹介します。

紹介するのは約2000人いる麻雀プロの中で、選りすぐりのトッププレイヤーです。強さや実績は当然ですが技術、個性やカリスマなど、突出した魅力を持つ麻雀プロです。

麻雀好きの方、また麻雀ができなくても麻雀プロに興味がある方はぜひご一読を。いままでの麻雀の認識とは違う一面が見えてくることと思います。

和久津晶 (所属団体:日本プロ麻雀連盟)

和久津晶プロ画像

容姿

褐色の肌に鋭角な輪郭、見た目はイケイケなギャルの印象を受けます。キャッチフレーズは「超攻撃型麻雀アマゾネス」。たしかにアマゾネスっぽさを感じます。

もともと細身ですが、大切な対局前にはあまり食べなくなるので数kg体重が落ちることもザラにあるそうです。あの容姿から更に体重が落ちるとは・・・。

近代麻雀付録の全選手図鑑2019の紹介内容には「実は色白でキャラ設定のため大事な試合の前になると日焼けサロンで焼くという苦労をされている」とあります。

本当にそうだとすると、すごい苦労をされてます。

和久津晶プロの容姿はこちらから

雀力・雀風

強い。鋭い剣のような切れ味の麻雀。ときどき剣がハンマーに変わって叩きつぶすような麻雀になることも。

キャッチコピーのとおりの攻め麻雀。メンゼン主体で押していくスタイル。リーチにも押し返しいくことが多い。

しかし手をブクブクにする攻めよりは、「先手を取られた時に押し返せるようなスリムな形」で構えられていることが好調のバロメータのひとつ。

守備力も水準以上の技術を持っているものの、攻め合い叩き合いのほうで本領発揮。確かに超攻撃的麻雀です。

RTDでは終了後に「リーグ戦序盤ではきれいに打つようにと思ったけど、もっとめちゃめちゃに打ってもよかったなあ。」と予選を振り返ってコメントをしています。このコメントにも雀風があらわれてます。

獲得タイトル

・第9・12期プロクイーン優勝

女流タイトルホルダー。また所属団体の日本プロ麻雀連盟リーグ戦では一番上位クラスのAリーグに所属。間違いなくトップクラスの実力です。

解説者

女流プロによる解説は全体的に数が少なめなのですが、RTDで解説をされていました。

RTDは実況も女性なので女性同士の会話になり、実況解説のやりとりがかなり新鮮に感じます。

状況判断鋭く、対局者の思考も丁寧に解説。さすが連盟Aリーグプロの貫禄です。解説を見ることができる機会が少ないので、チャンスがあった時はお見逃しなく。

和久津晶プロ画像

魅力

超攻撃的な麻雀が魅力。特に他家の先制リーチを受けてからの反撃や攻め合いは打牌も迫力満点です。

女流プロにして所属団体では一番上のAリーグに3期目在籍中。女流初の鳳凰位挑戦に期待がかかります。

麻雀もコメントもしっかりしているのに見た目は軽い、このギャップも魅力です。そして麻雀は鬼のように強いといういのはもはや反則級です。

最近は影を潜めつつあるものの、強気が現れている打牌も魅力です。攻める気持ちが全面的に現れていて見ていても力が入ります。

Mリーグ

Mリーグ2018では指名なし。来期の指名はあるでしょうか。ユニフォームは結構似合いそうな気がします。

まとめ

強い。見た目はギャル、雀力は女流最強の一角。

現在女流で鳳凰位を狙える唯一のプロ。ビックタイトルも狙える実力も備えていて女流プロの中でも最も注目すべきプロのひとりです。

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

他の麻雀プロを見るにはこちらから