スポンサーリンク

プロ麻雀士 平賀聡彦プロの紹介

プロ麻雀士、いわゆる麻雀プロの紹介です。いち推しの麻雀プロの印象などを紹介します。

紹介するのは約2000人いる麻雀プロの中で、選りすぐりのトッププレイヤーです。強さや実績は当然ですが技術、個性やカリスマなど、突出した魅力を持つ麻雀プロです。

麻雀好きの方、また麻雀ができなくても麻雀プロに興味がある方はぜひご一読を。いままでの麻雀の認識とは違う一面が見えてくることと思います。

平賀聡彦 (所属団体:最高位戦日本プロ麻雀協会)

平賀聡彦プロ画像

容姿

角ばった輪郭に鋭い目つき。映像では少し怖そうにも見えます。しかし口を開けば天真爛漫で笑顔が多い、明るい麻雀プロです。

身だしなみに気を使うほう。対局で勝ったときに着用したメガネやネクタイをゲンかつぎで大一番にまた着用することがあります。

ファンの方から頂いたネクタイを放送対局で着用するという優しさも。「このネクタイで負けたら、頂いたファンの方に悪いなあ。」というコメントがさらに優しく、人の良さが伺えます。

必殺技はメガチェン。対局の1戦目で負けたら2戦目は違うメガネに変えて心機一転。メガネチェンジ、略してメガチェンです。

平賀聡彦プロの容姿はこちらから

雀力・雀風

強い。例えるならブルドーザーのような力強い麻雀。

好きな役は「リーチ一発ツモ」そのため、愚形でもリーチをする局面が多いです。

リーチ一発ツモは期待値で3.2翻くらいありますね・・・裏ドラ見れますから。好きな役である理由がよくわかります。

リーチをかけたいからメンゼン派。先手をとればリーチをする。相手がリーチをして、後手をふめば真っ向勝負で追っかけリーチを狙う。とにかく勝負に向かっていく雀風です。

この雀風なので勝ちも負けも大きくなることが多めです。そうは言ってもトッププロの一角。負けることを避ける技術も持ち合わせているので、トータルでは勝つ側に立っています。

普段は手牌の並べ替え(リーパイ)をしないことでも有名。放送対局では視聴者のために並べ替えをしますが、少し手つきがぎこちなかったりします。テレビカメラがなければきっと手牌はバラバラのままでしょう。

あと親番の時に第一打で牌を「クイッ」と少し上げてから河に置くのが平賀プロの「ルーティーン」です。

獲得タイトル

・RTD2017優勝

強豪ぞろいのRTDでの優勝は実力の賜物。

また第一回「麻雀プロ団体日本一決定戦」において個人成績1位になっています。各団体から精鋭プロが集まった対戦での個人成績1位はタイトル獲得級の実績です。

解説者

解説者としても天真爛漫ぶりを大発揮。明るい語り口で楽しく解説をすすめます。

しかしそこはトッププロ、状況や対局者の考えを理解は速いです。

また他の解説者と比べて思ったことをストレートに言うことが多いように感じます。プロ同士の会話と解説の中間くらいの語り口でしょうか。洗練されているわけではないけれども、親しみやすい解説です。

終始明るいので聞いていて明るい気分になれます。村上プロの「いいですね!」が多いポジティブな解説に雰囲気が近いのかも。

魅力

キャッチフレーズは「マッコウ侍」「平成最後の侍」。真っ向から勝負する侍のイメージです。

勝負に対してオリることが少なめ、真っ向勝負の麻雀が魅力。テンパイすればリーチ。後手でも追いついてリーチ。そしてリーチ一発ツモで幸せ。

とにかく攻めっ気が多い麻雀。点棒の出も入りも大きい、見た目に派手な麻雀が多いです。成績をまとめるのには向いていないかもしれないですが、勝つ時はでっかく勝ちます。

また身につけるものでゲンを担いだり、メガチェンやネクタイチェンジで雰囲気を変えたりするところがお茶目です。ある意味「できることは手を尽くす」のかもしれません。

対局中は渋めの表情が多いですが、解説席での明るい表情も魅力的です。解説を聞いているとつられて明るい気分になります。

Mリーグ

Mリーグ2018では指名なし。来期の指名に向けてのこれからの活躍が期待されます。

ホームランか三振か、のスタイルはMリーグでも見てみたいところです。

RTDトーナメント

RTD2018 BLACKSIDE 7位。そのためRTDトーナメントは入れ替え戦からの出場となります。

多井プロ、仲田プロ、金プロとの対戦です。はたして上位2名に勝ち上がれるか。

まとめ

強い。明るい。勝つ時は圧倒的に勝つ。ゲンもかつぐ。

真っ向勝負の押し麻雀。リーチ一発ツモで幸せ。勝つ時は周囲の注目を浴びるほどの圧倒的な勝ち方をすることもよくあります。

プロ同士の対局で真っ向勝負のスタイルは両刃の剣なれど、そのスタイルを続けて欲しい麻雀プロです。RTDチャンピオンとして、今後の活躍に期待です。

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

他の麻雀プロを見るにはこちらから