スポンサーリンク

プロ麻雀士 前原雄大プロの紹介

プロ麻雀士、いわゆる麻雀プロの紹介です。いち推しの麻雀プロの印象などを紹介します。

紹介するのは約2000人いる麻雀プロの中で、選りすぐりのトッププレイヤーです。強さや実績は当然ですが技術、個性やカリスマなど、突出した魅力を持つ麻雀プロです。

麻雀好きの方、また麻雀ができなくても麻雀プロに興味がある方はぜひご一読を。いままでの麻雀の認識とは違う一面が見えてくることと思います。

前原雄大 (所属団体:日本プロ麻雀連盟)

前原雄大プロ画像

容姿

いかつい見た目のおじさまです。いかにもベテランという風格を漂わせています。

しかし麻雀の外ではお孫さんがいる還暦すぎの優しいおじいちゃんです。

対局中の怖い顔と、麻雀の外での優しい顔とのギャップが魅力的です。

前原雄大プロの容姿はこちらから

雀力・雀風

還暦すぎてなおトッププロとして君臨している実績から、当然強いです。メンゼン中心、必要に応じて鳴きをいれるバランス型の雀風ですが、攻めと守りでは攻め多めです。

攻め麻雀で点数の出と入が多く、放銃してもそれ以上に取り返すという場面がよくあります。好機と見れば愚形のリーチでもためらわない。親の先制リーチに対して追っかけリーチにいくこともしばしば見られます。

「ドラなし、役なし、愚形まち」のガラクタのような手牌から繰り出すリーチ、通称「ガラクタリーチ」の元祖。佐々木寿人プロとは「チームガラクタ」を結成しています。ほんとうにこのおふたりはブンブン攻めますね。

摸打のモーションは無骨な感じ。スマートさはないのですが、一打一打に重さが感じられます。

獲得タイトル

・第12・25・33・34期鳳凰位 (4期)
・第14・15・24・25・26期十段位 (5期)
・第3期・8期麻雀グランプリMAX (2期)
・他多数

獲得が難しい鳳凰位だけで4期。他にもビックタイトル多数。長い間トッププロ同士でしのぎをけずり、その中で成績を残してきた実績は十分すぎます。

解説者

超ベテランのため、解説として登場する機会は少なくなっています。もし機会があればその解説をぜひご覧ください。

魅力

満貫放銃しても跳満アガってとりかえす攻撃的な麻雀が魅力で派手なアガリの応酬がみられることがよくあります。

若手が台頭してくる中、ベテランの重厚さを見せつけています。その様は「まだまだ若いものには負けないぞ」と言わんばかりに大きな壁として立ちはだかっているかのようです。

佐々木プロと共にチームガラクタとして「決めポーズ」を一緒にするなど、勝負を離れるとお茶目な面をみせてくれます。また「熱闘!Mリーグ」の密着取材ではお孫さんに対しての好々爺ぶりも放送されています。このようなギャップが、また惹きつけられる魅力です。

Mリーグ

KONAMI麻雀格闘倶楽部から第3巡指名を受けて、Mリーガーとして活躍しています。

佐々木プロとともにチームを牽引。ファイナルシリーズ進出の後押しとなる活躍をしました。ファイナルシリーズでは成績を残せなかったものの、大三元をアガるなど存在感をみせました。

前原プロのMリーグ終了後コメントはこちら。

RTDトーナメント

RTDは過去出場経験なし。しかしMリーグでの活躍を受けて、RTDトーナメント選出があるかもしれません。

まとめ

圧倒的な実績。圧倒的な経験値。圧倒的な長期の活躍。そしてガラクタリーチ。

百戦錬磨にして、ますます盛んな麻雀プロ。経験も強さもあるのに、お茶目なキャラクターも有している。

若手の麻雀プロに目がいきがちですが、熟練の麻雀プロも見どころいっぱいです。

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

他の麻雀プロを見るにはこちらから