スポンサーリンク

プロ麻雀士 石橋伸洋プロの紹介

プロ麻雀士、いわゆる麻雀プロの紹介です。いち推しの麻雀プロの印象などを紹介します。

紹介するのは約2000人いる麻雀プロの中で、選りすぐりのトッププレイヤーです。強さや実績は当然ですが技術、個性やカリスマなど、突出した魅力を持つ麻雀プロです。

麻雀好きの方、また麻雀ができなくても麻雀プロに興味がある方はぜひご一読を。いままでの麻雀の認識とは違う一面が見えてくることと思います。

石橋伸洋 (所属団体:最高位戦日本プロ麻雀協会)

石橋伸洋プロ画像

容姿

愛称は「ばっしー」。みためは地味な印象で、サラリーマンのような感じの麻雀プロですすが、 頭の回転がとても早そうに見えます。

40歳手前の肌がきれいなお兄さん。年齢より5歳も10歳も若く見える印象です。温和な、優しいそうな印象を受けますが勝負になると一転、真剣な表情になります。

石橋伸洋プロの容姿はこちらから

雀力・雀風

強い。メンゼンよりもポンチーの鳴きが多めの雀風ですが、鳴きメインというよりは勝つ確率を追求した結果の鳴きの多さと言えそうです。

早アガリを目指す鳴きもありますが、相手を惑わすための鳴きも多用するイメージもあります。戦い方の引き出しが多いのですが、時に空回りすることも。

豪腕というよりはテクニシャンと言えます。相手の裏の裏をかくタイプ。また勝負の流れは考慮しない、確率重視の考え方で勝負を進めていく打ち手です。

獲得タイトル

・第36期最高位
・第19期發王位
・他

ビックタイトルをふたつもっているのは強者の証。

放送される対局では勝ちきれない印象がありますが、ここ一番の勝負強さは確実にもっています。

解説者

解説者としては会話がはずむほうのタイプだと思います。

戦い方の引き出しが多いのは解説にもいかされています。特にポンチーの鳴きが入ったときにその意図をくみとる解説がわかりやすいです。

状況の把握がはやいので、次々と変わっていく状況にもすばやく反応して解説していくのがさすがです。

技術的な解説が多いので中級者からステップアップしたい方は参考になる解説だと思います。

魅力

いろいろなことをする雀風が魅力。ポンチーが多く、何をしてくるかわからないので見ていて面白いです。

相手の裏をかくのを狙い過ぎて失敗することもありますが、それも含めて魅力です。

大きな対局、それも放送される対局で役満の国士無双に放銃することが多い印象です。実際はそれほどではないのかもしれませんが。

そのために石橋プロの対局で他の人に国士無双の手が入ると、石橋プロに一斉に注目が集まります。「(放銃の)出番ですよ、石橋さん。」と、愛されてるキャラクターです。

Mリーグ

U-NEXT Piratesから第3巡指名を受けて、Mリーガーとして活躍しています。

レギュラーシーズンは苦戦しながらも大崩れはせずに戦い抜きました。本来のパフォーマンスは出せていなかったかもしれません。次のシーズンの活躍に期待です。

RTDトーナメント

RTD2018 WHITESIDE6位。そのためRTDトーナメント出場予定です。

まとめ

強い。技巧派。引き出し多い。タイトル獲ってる。

優しそうな見た目と違って実力者の一角。目立たないこともあるけど本当は強い。

機動力、空中戦が魅力のこれからの活躍が期待される麻雀プロのひとりです。

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

他の麻雀プロを見るにはこちらから