麻雀プロ 近藤誠一プロの強さとは

近藤誠一プロ画像

麻雀プロの近藤誠一プロは最高位と最強位のタイトルを同時に保持した、数少ないトッププロのひとり。

複数のタイトルを保持する難しさは想像を絶します。

麻雀プロリーグ「Mリーグ」ではセガサミーフェニックスに所属。

2019シーズンでは真似できないような手順からの大三元をきめるなど無双の大活躍。

大黒柱としてチームを支えながら個人成績3位の結果を残しました。

ベテランの域に入ってさらに強さを増す、目が離せない麻雀プロのひとりです。

スポンサーリンク

近藤誠一プロの印象は

容姿

近藤プロの容姿は細身長身でダンディな印象。

髪型は短めさっぱり型、前髪を上げているので明るい印象を受けます。

麻雀を打つ利き腕はプロの中でも数少ない左利き。

そのため対局の放送時はカメラの配置が逆アングルになります。

左利きの麻雀プロだけで対局をする企画も面白いかもしれません。

麻雀プロリーグ「Mリーグ」では所属チームのセガサミーフェニックスのユニーフォームで対局。

近藤プロの細身の体にマッチしてユニフォームがよく似合ってます。

また対局中の姿勢の良さも容姿の特徴のひとつ

いつも背筋がまっすぐの伸び、卓上に集中していることが伺えます。

雀風

近藤プロの雀風はメンゼンを中心とした高打点狙い

アガリトップなど状況にポンやチーもありますが、通常は鳴き仕掛けが少なめ。

そして期待値を踏まえた打牌選択が基本です。

しかし期待値重視とは一線を画する雀風。

期待値よりその場の感覚、と思えるような打牌選択も見られます。

期待値の理論を理解しつつも、その理論を捨てる。

期待値の理論だけでなく、経験を活かした判断する。

それが解説者や周囲の人たちを驚かせる選択、そして驚きの結果へと結びつきます。

これは流れでなく、

大量の研究、過去の対戦経験、及びその対局中の極めて高い集中力による打牌選択

ということばが適切といえます。

現在の麻雀プロは期待値を重視することが主流。

その一方で近藤プロはときに期待値を外すことで、好結果に結びつけるのが印象的です。

 

また攻撃力だけでなく、鋭い読みによる守備力も抜群。

Mリーグ2019では22試合で、4着がわずかに1回のみという驚異の成績でした。

4着回避率1位(29人中)の個人賞を獲得して守備力の高さを示してます。

また相手に先制されての防戦から、反撃に転じて押し返しアガリきることも。

対戦相手からすると、おそるべき攻守の力です。

近藤プロの雀風、思考を詳しく知りたい人には、近藤プロの著書が参考になります。

【参考】最強雀士が語るデジタルの向こう側 大きく打ち、大きく勝つ麻雀

麻雀戦術書としても、初心者から上級者まで幅広い層の雀力向上に最適です。

また、著書のコラムでは飯田正人プロとの温かいエピソードの披露も。

飯田プロの麻雀、人柄が近藤プロに影響を与えていることが伺えます。

魅力

近藤プロの魅力のひとつは周囲の人たちを驚かせる独特な打牌選択。

そしてそこから繰り出される高打点の麻雀です。

いま強い麻雀プロをあげるならば、間違いなくそのひとりに入ってきます。

際立つ強さを持ちつつ、掴みどころがない打ちまわしは見る人をひきつけます。

麻雀から離れると、温泉とビールが大好きな一面も

特にビールを飲むことは日課で「このために生きてる」と言うほど。

トッププロのごく普通な趣向に親近感が湧きます。

近藤プロの麻雀の強さのひとつは麻雀へのストイックな姿勢。

温泉とビールも麻雀に集中するコンディション管理にひと役かっているようです。

また近藤プロの趣味のひとつが将棋で、麻雀プロの中にも将棋好きは散見されます。

同じ麻雀プロの猿川真寿プロとは将棋の場で顔を合わせ、それ以来の親交とのこと。

YouTube動画「麻雀遊戯王」でそのときの様子を話されてます。

麻雀プロリーグ「Mリーグ」で所属するセガサミーフェニックスではチームメイトのまとめ役。

魚谷侑未プロ、茅森早香プロ、和久津晶プロ、個性豊かな3人の頼れる存在として、チームメイトをしっかりと支えます。

近藤プロの親しみやすいところ、頼りになるところも大きな魅力です。

【麻雀遊戯BAR】セガサミーフェニックスどうなのw??新メンバーとの相性は??[ゲストプロ:近藤誠一、猿川真寿]

解説者

近藤プロの解説は落ち着いた声と雰囲気で穏やかな雰囲気がただよう解説。

場の状況や期待値から、対局者の思考までわかりやすい解説です。

特に対局者の思考の解説はとても参考になります。

最高位、最強位などのタイトル獲得にともない出演も増加。

自団体のリーグ戦の他にMリーグ、最強位戦などで解説者の姿が見られます。

初級者から上級者までそれぞれに響く、麻雀の理解が深まる解説です。

近藤誠一プロの実績は

獲得タイトル

  • 第37・40・41・43期最高位
  • 第29期最強位
  • 第13回モンド王座決定戦
  • 第10・11回モンド名人戦
  • 他タイトル獲得多数

自団体のリーグ戦である最高位をはじめ、タイトルを多数獲得。

1期だけも大きな実績の最高位を4期獲得は偉業です。

長期に渡り安定した強さをを保ち、トッププロの中でも抜き出た存在感を示してます。

さらに最強位も獲得して「最高にして最強」のダブルホルダーの時代も築きました

タイトル獲得を重ねて、その強さはとどまるところを知りません。

Mリーグ

近藤プロはセガサミーフェニックスから第2巡指名を受けて、Mリーガーとして活躍中。

Mリーグ2018ではファイナルシリーズ進出ならず。

しかし安定した戦いぶりで個人成績5位とチームを最後まで支えました。

Mリーグ2019では一時は個人成績首位となる大活躍。

バラバラの手から役満の大三元のアガリなど、周囲を大いに驚かせました。

その活躍はシーズン序盤を支えてチームがセミファイナル進出1位通過をきめる大きな足がかりに。

個人成績は3位、さらに4着回避率は1位と攻守に渡って実力を見せた充実のシーズンとなってます。

シーズン所属チームチーム成績個人成績
2018セガサミーフェニックス6位+144.4pt(5位/21人)
2019セガサミーフェニックス決勝進出+332.0pt(3位/29人)

さいごに

近藤誠一プロの印象や実績の紹介でした。

理論と経験の強さ。最高にして最強。温泉とビールが大好き。

ベテランの域に入りさらなる強さを見せる。

まだまだ活躍を続けそうで、ファンは楽しみ、相手は脅威。

Mリーグをはじめ放送対局での登場機会が多いので、その打牌選択はぜひ視聴を。

近藤プロの今後のタイトル獲得、そしてMリーグでの活躍はますます楽しみです。

麻雀のことをさらに知っていただくことができれば幸いです。

ここまで見ていただき、ありがとうございました。

近藤誠一プロをもっと知るには