スポンサーリンク

家庭用プリンターが必要な人、不要な人

プリンター1画像

今回は家庭用プリンターの話です。あなたは家庭用プリンターを持っているでしょうか、持っていないでしょうか。持っている人は一度どれくらい使うかを考え直してみることで、場所やお金を節約できるかもしれません。

いまは家庭用プリンターで行う印刷であればコンビニで印刷をすることも可能です。もしプリンターはあまり使わないというのであれば、プリンターを手放すことで場所もすっきりしてプリンターにかけるインク代などを節約することもできます。

以前、自分は仕事でプリンターを扱っていたことがあります。その経験もふまえてプリンターが必要な人と不要な人を解説します。参考にしてみてはいかがでしょうか。

家庭でプリンターをどれくらい使うか?

プリンターをどれくらい使うかは個人によって差はあるかと思います。自宅で仕事はしている人は使用頻度が多い人もいるでしょう。一方で、家庭でプライベートに使うことはそれほど多くないのではないでしょうか。

プリンターをどれくらい使うか、一度見直してみるとよいかもしれません。

家庭用プリンターのデメリット

  • 場所をとる
  • 年に数回しか使わないなど使用頻度が低い
  • インクのコストが高くつく機種が多い

プリンターはそこそこの大きさのものが多いので、場所をとります。収納などにしまっておいてもある程度スペースをとってしまうのではないでしょうか。

それでいて年に数回しか使わないのであれば、いっそのことプリンターをなくし、その分のスペースを有効利用するという考え方もあります。スペース=お金(家賃)という考え方もできるので、スペースを節約すれば、その分お金や時間を節約することにつながります。

また家庭用プリンターのネックのひとつはインク代が高くつくことです。また使用頻度が低いと久しぶりに使う際に、インクがでなくてメンテナンスに時間がかかるということもあります。このメンテナンスにまたインクを多く使用する仕組みになっている機種が多く、ますますインク代が高くついてしまいます。

ではプリンターがない状態で使う必要が生じたときにはどうすればよいか。コンビニで印刷する、という方法があります。

印刷にはコンビニを使えばOK

プリンター2画像

いまはコンビニのコピー機の機能がかなり向上しています。自分が印刷したいデータをUSBメモリやSDカードで持参することで印刷することができます。料金も用紙サイズによりますが、白黒なら1枚10円から、カラーでも1枚数十円からで印刷が可能です。

データの種別がPDFなどの一部の形式のみという制限があるのでその点の注意は必要です。ワードやエクセルのデータはそのまま印刷できないことが多いです。しかしPDFのデータに変換することはいまは無料で容易に行えるようになりました。

プリンターは家ですぐに印刷できる手軽さがあります。しかし使用頻度を考えて、コンビニで印刷するようにするのも方法のひとつです。印刷をコンビニに外注するという考え方です。これで場所の心配やインクの管理など、自宅でプリンタまわりのことはしなくてよくなります。

家庭用プリンターが必要な人

以下の人はプリンターを持っておくメリットがある人です。

  • プリンターの使用頻度が高い
  • コンビニなどの印刷できるお店が近所にない
  • 年賀状を自宅で印刷する

プリンターの使用頻度が高い人はコンビニで印刷するとその都度、コンビニまでいかなければならないので逆に時間がかかってしまいます。また、近所に印刷できるお店がない人も印刷時に遠くまで出かける必要が生じて時間と労力がかかります。

これらの人はどれくらい使うかにもよりますが、プリンターを持っておいたほうがよいことが多そうです。

そして年賀状を自分で印刷する人は使用頻度に関係なく、プリンターを持っておいたほうがいい人になります。プリンターがあれば自宅でゆっくり時間をかけて印刷することができます。

ひな人形やクリスマスツリーと同じ感覚で、年1回の年賀状というイベントの道具として使用頻度は度外視してプリンターを持っておくことで、年賀状の時期に活躍してくれます。

まとめ

  • 使用頻度が低い人はプリンターは不要
  • プリンターが必要なときはコンビニで印刷できる
  • 使用頻度が高い人はプリンターが必要
  • 年賀状印刷を自分でする人は使用頻度は度外視でプリンターが必要

プリンターを持つか持たないか、使用頻度と相談になりますしかしいまはコンビニで印刷ができるようになったので、以前に比べると持っていなくても不自由はないと思います。一度、プリンターが必要どうか考えてみることで、場所を少し節約できるかもしれません。

そして年賀状を自分で印刷する人はぜひプリンターを持っておいてください。余談になりますが、年賀状の時期は問合せ窓口がとても混雑します。年賀状をプリンターで印刷するのであれば早めに準備をすることをおすすめします。

参考になれば幸いです。最後まで見て頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ライフハック
\ この記事をシェア /
スポンサーリンク
アルファノブログ