スポンサーリンク

東京オリンピックで令和2年7月の祝日はどうなる?10月12日の祝日は?

令和2年の祝日はどうなる画像

令和元年に続いて、令和2年(2020年)も祝日の移動があります。

令和元年(2019年)は新天皇陛下の即位に伴い、5月1日の「天皇の即位の日」とそれに伴うゴールデンウィークの10連休と、祝日に移動・変動がありました。

また10月22日に「即位礼正殿の儀」の祝日があり、例年と比べて祝日が増える年でした。

詳しい内容はこちらから。

そして令和2年には56年ぶりに日本開催となる東京オリンピックがあります。

そこで令和2年の祝日はどうなるのか?について解説をします。

「スポーツの日」について

令和2年の東京オリンピックの開催に合わせて、令和2年以降は「体育の日」が「スポーツの日」と名称が変更になることが内閣府により発表されています。

【参考】内閣府:国民の祝日について(「スポーツの日」について)

1964年に開催された東京オリンピックに由来して、長く慣れ親しんだ「体育の日」が「スポーツの日」の名称に変わります。

しかし祝日としての性質に変わりはありません。そのため大きな混乱はなさそうです。

令和2年の祝日の移動

東京オリンピックで令和2年7月の祝日はどうなる画像

令和2年は「平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法」により、いくつかの祝日に移動があります。

【参考】内閣府:国民の祝日について(国民の祝日に関する法律の特例について)

東京オリンピック開催に伴って移動がある祝日は3つです。以下、説明します。

海の日

  • 7月23日(木)・・・※7月20日から移動
    東京オリンピック開幕式の前日に移動

スポーツの日

  • 7月24日(金)・・・※10月12日から移動
    東京オリンピック開幕式の当日に移動

山の日

  • 8月10日(月)・・・※8月11日から移動
    東京オリンピック閉幕式(8月9日(日))の翌日に移動

特別措置法(特例法)により、3つの祝日を東京オリンピックの開催期間(7月24日~8月9日)の前後へと移動しています。

これらの祝日の移動によって、東京オリンピックのお祭りムードがさらに盛り上がることになりそうです。

【参考】平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法 (国民の祝日に関する法律の特例 第三十二条)

一方で大学や学校の学生は試験・補習の期間の変更があったり、社会人は銀行の利用など、学校や企業の個別のスケジュールには注意する必要がありそうです。

令和天皇誕生日

東京オリンピック開催に伴う祝日の他にも気にしておきたい祝日があります。

天皇誕生日

  • 2月23日(日)
    (2月24日(月)振替休日)

平成は天皇誕生日が12月23日でした。令和は天皇誕生日が2月23日になります。

令和元年は5月1日からスタートしたため、2月23日の時点では元号は平成でした。

そのため令和元年は天皇誕生日がない年でした。

令和2年2月23日が令和になって初めての天皇誕生日になります。

まとめ

さいごにポイントのまとめです。

まとめ
  • オリンピック期間は7月24日~8月9日
  • 開催期間の前日・開幕式・閉会式翌日が祝日
  • 7月23日、24日と8月10日が祝日
  • 祝日の移動のため日数が増えることはない
  • 令和の天皇誕生日は2月23日

東京オリンピックの開催前後に祝日が移動になっていて、オリンピックの開催前から終了までお祭りムードで盛り上がることが予想されます。

夏のとても暑い時期にあたるので、熱中症などの暑さ対策に気をつけたいところです。

また、令和になって初の天皇誕生日も祝賀ムードで大いに盛り上がりそうです。

祝祭日や休日の予定を立てる参考になれば幸いです。最後まで見ていただき、ありがとうございました。