スポンサーリンク

個人でマネタイズして稼ぐ方法

個人でマネタイズする方法1画像

今回は個人でマネタイズをする方法についてです。副業や個人で稼ぐことを考えたことはありますか?稼ぐことは難しいと思うでしょうか。しかし今は昔に比べてテクノロジーの発達により個人でお金を得ることがやりやすくなっています。

自分が提供できるものを知り、それを提供するためのプラットフォームを使うことでマネタイズにつなげていことができます。マネタイズの方法、考え方のひとつとしてとても参考になる内容になっています。

このことについて、著書「働かない働き方」を出版されている河本真さんのセミナーで講演を聞いてきました。その内容をシェアしたいと思います。

これから求められていく力とは

これから世界に求められていく力とは「自分で意見を持って発言していく力」です。

河本真

これからは情報発信が大切という意見を多く聞くようになりました。自分の意見を自分で発言していくことがこれから更に重要になっていくという見方をされています。おそらくこの流れは加速していくと思います。ブログ、youtube、ツイッター、インスタグラムなどのSNSで個人で情報発信する力を持っておくことは大切だと感じます。

個人がマネタイズをしやすくなった時代

なぜ僕らはお金を払うのか?それを考えることが大切です。しかし払うのももらうのも、人は今までの経験からしか考えません。
テクノロジーの発達で個人がお金を受け取ることができるシステムがたくさん登場してきている。新しいものを取り入れて使っていくことが大切です。

河本真

お金を払う、つまり需要がどこにあるのかを考えることの重要性を説いています。さらにそれは今までの経験からしか考えられないことを付け加えています。この後の話になりますが、新しいことをどんどん経験していくことで考え方の幅を広げることが大切になってきます。

テクノロジーはメルカリ、ココナラ、バリュー、noteなど、様々なプラットフォームが登場しています。これらを使うことで個人が物や経験や知識を売ってお金を得ること、すなわちマネタイズができる時代になっています。また個人で仕事を請け負うこともでき、クラウドソーシング、クラウドワークスなどで実現することができます。

これらのテクノロジー、プラットフォームによって人に興味を持ってもらう商品や仕組み(=需要)を作ることで昔に比べて格段に個人がマネタイズをしやすい時代になっています。

無意識で構築しているものを伸ばす

無意識で構築しているものと意識で構築しているもの、ふたつのリソースがある。無意識に構築したものを、事業として伸ばしていく。
例としてはgoogleは広告がメインだけどクラウドが自然と伸びてきたのでこれを事業化している。

河本真

無意識で構築しているものとは「自分が自然とできること」「自分が好きなこと」とも言うことができます。無意識でできてしまう、やってしまうことです。この無意識で構築していることを需要に合わせて提供できる形にする。これによってマネタイズにつなげていくことができます。

意識で構築しているものはリソースに限りがありますが、無意識で構築しているものはリソースが飛躍的に多くなります。なぜなら無意識でできるので負担が少ないからです。

無意識で構築しているものを知る方法

個人でマネタイズする方法2画像

無意識で構築しているものを知る方法には3つあります。
1.様々な人とお付き合いする
2.自ら動く(足を使う)
3.新世界を常に冒険する

河本真

具体例としては「異業種の人と会う」「旅行をする」ということをあげていました。理由は自分も相手もお互いに知らない同士の人と会うこと、これによって「ギャップを知ることができる」。自分が知っている部分と自分が知らない部分のギャップを知ることが無意識で構築しているものを知ることにつながると話されていて、自分にはかなり印象に残るメッセージでした。

理解できないお金の使い方

・お金に対する意味合いの変化
・貨幣が生まれた当初とのズレ
・理解できないお金の支払い方が多々存在している時代

河本真

寄付が昔に比べて多くなってきているとのことで、見返りを求めないお金の使い方が以前と比べて多く登場してきています。日本にはチップの文化はないのですが、投げ銭はみられるようになってきました。youtubeのスーパーチャットやpolcaやクラウドファンディングなど「募金箱」があればそこにお金を投げ入れてくれる人がいる場合があります。PayPal.meを使えばネットで自分の募金箱を設置することも可能です。

まとめ

1.価値観の脱却
2.お金を払う人を見る(=需要を知る)
3.自分の日常をマネタイズする仕組みを考える
4.メンテナンスをする

河本真

個人で稼ぐことが難しい時代からやりやすい時代に移り変わっていることを知る。興味をもってもらえるもの(=需要)を知る。自分が無意識に構築しているものを知る。それらをメンテナンスして最適化していく。これらをすることによって個人でマネタイズができるようになる、という話でした。

自分としては無意識に構築しているものを知るための方法である「1.様々な人とお付き合いする」「2.自ら動く(足を使う)」「3.新世界を常に冒険する」の話がとても参考になり刺さりました。普段、自分が苦手で避けていることなので意識して行うようにしていきたいです。

参考になれば幸いです。最後まで見て頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
マインド
\ この記事をシェア /
スポンサーリンク
アルファノブログ