スポンサーリンク

「お金を稼ぐ」ことは 「みんなの富を増やす」こと

「お金を稼ぐ」は 「みんなの富を増やす」1画像

今回はお金の本質と向き合う話です。お金を稼ぐことから逃げていませんか。お金が苦手だったり、お金に感情を動かされたりしませんでしょうか。そんなお金に否定的な見方を肯定的な見方に変えることができる話です。

西野亮廣さんの著書、「新・魔法のコンパス」からお金の問題から逃げないための話についての解説をみていきます。本書は今までに見たこと聞いたことがある内容もありましたが、西野さんの柔らかい語り口でわかりやすく説明されていて、とても参考になりました。

この記事を読むことでお金の本質を理解してお金の問題と向き合うことができるようになります。著書も良書ですので、ぜひ読んでみることをおすすめします。

新・魔法のコンパス 西野亮廣 著

本書から、西野さんお金についての考え方をみていきます。

お金について

挑戦を続ける為には、「お金」の問題から逃げちゃいけないよ

新・魔法のコンパス

お金の問題から逃げると、自分の場合は「とりあえず生活できるお金があればいいか」という思考に流れます。そしてお金は増えません。そうすると挑戦も続けられない。そしてお金がなくなると、また生活できるだけのお金を稼がなければいけない。この繰り返しになってしまいます。

この「挑戦を続ける為には」という表現が自分には目新しく感じました。今まで見てきた本では「幸せになる為にはお金がいる」という表現が多くて、表現としてはぼんやりしているように思っていました。言ってることに差はないのですが、不思議なものです。

お金は「他者に提供した価値の対価」だ

お金というのは、他者に提供した「労働」の対価じゃなくて、他者に提供した「価値」の対価なんだ。

新・魔法のコンパス

本書では価値の提供の山の上で売っている缶ジュースを例にしていてわかりやすいです。どのような手段で山の上で缶ジュースを提供したとしても、お客さんは地上にいる時よりも汗を流して山を登った後のほうがジュースを欲しているからと説明しています。お客さんが欲しいものを提供する、それがすなわち価値の提供になります。

頑張った、苦労した、時間をかけたからそれに対価がついてくるのではなくて、楽々と短時間でコストをかけずに山の上に缶ジュースを運んだとしてもその結果、価値の提供ができていると対価がついてくるわけです。

様々な書籍や動画やセミナーなどでも「お金は価値の対価」ということは言われています。西野さんのこの話も目新しさはありませんが、とてもわかりやすく説明されています。

お金の教育を受けてこなかった日本人は、往々にして、「お金=我慢の対価」というマインドに陥っている。「洗脳されている」と言ったほうが近いかな。

新・魔法のコンパス

これはまさにそのとおりに感じます。自分はこのマインドに陥っていた期間が長かったです。親や身近な大人にこのマインドから脱却している人がいないと、以前の日本ではこのことに気づくのはなかなか難しかったと感じます。しかしいまどきはこの「お金=我慢の対価」というマインドからの脱却を促す考え方が以前に比べて浸透してきているように感じます。

汗水を流して働くことは美しい。決して否定することではない。だけれど、「労働量」と「収入」は必ずしも比例関係にあるわけじゃない。ここは押さえておこう。

新・魔法のコンパス

労働を否定していないところが「議論をするときは、相手の逃げ道を作ってあげることが大切だ」という西野さんの優しいところですね。

お金を稼ぐことって、良いことなの?悪いことなの?

「お金を稼ぐ」は 「みんなの富を増やす」2画像

成金が下品なのは「人」であって、「お金」を稼ぐ行為ではない。
お金を稼ぐ行為という行為は、「誰かから富を奪う」ということじゃなくて、「みんなの富を増やす」ということなんだ。

新・魔法のコンパス

お金を稼ぐと、その世界で富の総量が増えることをわかりやすく解説した上で、「お金を稼ぐこと=汚いこと」というマインドを解消してくれています。わかりやすい解説がマインドの解消にとても効果があると感じます。柔らかい語り口で本質をついていて、読むととてもスッキリした気分になります。

そもそも、収入が高い人と低い人の違い何?

収入の大きさを決めているのは「大変さ」でも「技術力」でもない。「希少価値」だ。

新・魔法のコンパス

希少価値を上げる方法として「職業の掛け合わせ」をあげて説明しています。職業を3つ掛け合わせることで「100分の1×100分の1×100分の1=1,000,000分の1」の希少価値の人材になる。これはホリエモンこと堀江貴文さんの著書でも見たことがあり、同じようにデキる人はデキる考え方をするものだな、と思います。

また西野さんは掛け合わせる「職業はなるべく離しておいた方がいい」とし、その方が職業の掛け合わせでできる三角形の面積が大きくなるからと説明しています。希少価値を面積の広がりに例えているところがわかりやすいかったですね。そしてこの話を以下のとおりまとめています。

収入を増やすということは、「信用の面積」を大きくすること。

新・魔法のコンパス

まとめ

  • 挑戦を続ける為にはお金の問題から逃げてはいけない
  • お金は他者に提供した価値の対価
  • 議論をする時は相手の逃げ道を作ってあげよう
  • お金を稼ぐというのは「誰かから富を奪う」でなく、「みんなの富を増やす」こと
  • 収入を増やしたかったら希少価値を上げよう
  • 収入を増やすということは信用の面積を大きくすること

まとめの部分だけでお金の問題から逃げないためのエッセンス満載です。特に自分は「お金を稼ぐというのは「誰かから富を奪う」でなく、「みんなの富を増やす」こと」が一番大切だと感じます。他のどれも大切ではあるんですけどね。

参考になれば幸いです。最後まで見て頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
書評
\ この記事をシェア /
スポンサーリンク
アルファノブログ