スポンサーリンク

カップヌードルのCMに学ぶ「見させる技術」

カップヌードル1画像

今回はテレビのコマーシャルの話です。いつも面白くて話題になることで有名なテレビCMなのですが、日清カップヌードルのCMを見たことはありますでしょうか。

日清カップヌードルのCMは内容がとても面白くて目を引きつけられます。今は週刊少年ジャンプに連載中の漫画「ワンピース」を題材にしたCMを放送しています。またYouTubeにもアップされています。30秒で見られるので視聴してみてはいかがでしょうか。

自分はテレビ視聴はほぼ録画視聴で、CMはスキップして時間短縮して見ています。そのためCMは見ないのですが、日清カップヌードルのCMはついつい見てしまいます。最初の数秒で視聴者の興味を引くのがとても上手く、見る気がなくても振り向かせる強い力があります。

内容的にも面白くて、また見てもらうためにはどうすればいいのか、という視点で勉強にもなります。一度視聴してみることをおすすめします。

まずはCMをどうぞ

カップヌードルCM「HUNGRY DAYS ワンピース ゾロ 篇」30秒

カップヌードルCM「HUNGRY DAYS ワンピース ゾロ 篇」30秒

CMのここがいい!

日本人ならほとんど誰もが知っている漫画「ワンピース」。この主人公ら「麦わらの一味」を学生にしてストーリーを作る。これだけで興味を引かれます。

CM序盤に剣道の試合のシーンから「ONE PIECE アオハル」のロゴで「え?ワンピース?なになに?」と興味を引いて先を見たくなり、掴みはOKです。そこからゾロが学生になってどうなるんだろう、と思って見ているうちにあっという間の30秒です。

途中で他のキャラもちょい見せして他のキャラをメインにしたCMにも興味を引きつつ、最後にカップヌードルが出てきてめでたしめでたし、となります。視聴者を楽しませて商品の告知とイメージアップも十分。CMとして完成度が高すぎです。

他の日清のCMも面白い

日清食品のCMは他のものも興味を引いて面白いものが多数あり、日清食品のCMというだけで興味をひかれて見てしまう部分が大いにあります。例えば1年くらい前にあったドラクエ風世界観なのに、勇者達が魔王を倒しにいくことを罪悪感のかけらもなく断固として拒否するカップヌードルナイスのCMは抜群に面白かったです。配役が見事でした。

その他にも日清食品のCMは面白かったり、エッジが効いていたりするものが多いです。アニメ調も実写のものも、いつも期待を裏切らないCMなので日清食品のCMとわかると「今回もちょっと見てみよう」となってしまいます。

まとめ

誰でも知っている漫画ワンピースを少しアレンジすることで、「知ってるけど何だろう?」と強く興味を引かされます。やはり知っている人が多い題材を選ぶことは大切です。また絵柄も漫画とは違う雰囲気で目新しさも感じさせます。

毎回期待を満足させるCMを作ることで、新作CMも期待感が高まり「見てみたい」という気にさせられます。良いものを作り続けることで「見させる→次も見たくなる」の好循環を起こすことに成功しています。

いろいろと説明しましたが「日清のCM面白いから見てみよう」という話でした。参考になれば幸いです。最後までみて頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
\ この記事をシェア /
スポンサーリンク
アルファノブログ