スポンサーリンク

本当にお得なポイントカードを見分ける方法

ポイントカード画像

今回はいろんな企業やお店が発行しているポイントカードについての話です。買い物の際にポイントカードは使うことはありますか。

使っている方はそのポイントカードは本当に得をしているでしょうか。実は損をしている可能性もあります。ここでは本当に得をするポイントカードの見分け方を解説していきます。

お店のレジでポイントカードを探したり、ポイントカードの読み込みに手間がかかったり、ポイントはついたものの時間を消費してしまうこともあります。ポイントカードを持ちすぎていることで時間を必要以上に消費していることが原因です。

手元にある増えすぎたポイントカードを見直して必要なものだけを残すことで本当に得をするポイントカードだけを利用することができるようになります。

そのポイントカードは本当にお得なのか

使用しているポイントカードは得をしているつもりで本当は損をしているかもしれません。得か損かは、もらえるポイントとそれにかかる時間のコスパが見合っているかどうかで判断できます。

お店のレジでポイントカードを使用するために、探して30秒とカードの提示と読み込みで30秒、合わせて1分かかったとします。それでついたポイントは2円だったとすると1分かけて2円を得たことになります。これはかなり割に合わないと感じる人が多いのではないでしょうか。

確かにポイントカードの提示だけで次回の買い物の際に使用できるポイントがもらえるのは魅力です。しかしそのためにかかる時間、それとカードを探して提示する労力に見合うかどうかはよく考えたほうがいいでしょう。

ポイントカードは無料で発行できるものが多くて節約ができて嬉しいのですが、つい増えすぎてしまいがちです。本当に得をしているかどうかはよく考えて、その必要性を見直すことをおすすめします。

本当にお得なポイントカードの見分け方

本当にお得なのはポイントがたくさん貯まるポイントカードです。以下の計算式で表すことができます。

使用頻度(購入金額)×ポイント還元率=貯まるポイント

頻繁に使うポイントカードはポイントが貯まりやすいです、例えば還元率が1%のポイントカードでも近所のファミマやローソンといったコンビニで毎日使う、ということであればお得なポイントカードと考えることができます。またポイント還元率が10%のカードは使うことが月に1回でもその一度でたくさんのポイントを貯めることができ、お得なポイントカードといえるでしょう。

しかしポイントカードが増えすぎると今度は収納・整理する手間や、お店で探す手間が発生してポイントカードを持つことの損な部分が増えてきます。そのため使用頻度が低い、使わないものは捨ててしまって持ち運びするものを減らすようにします。

これで様々な手間が少なくなり、結果的に得をするということになってきます。時間と労力を節約できることは思っている以上に効果が大きいです。ここは思い切った断捨離が肝心です。

そして自分の生活範囲でたくさんポイントが貯まるポイントカードだけを持つようにすることが大切です。

手元のポイントカードを少なくするために

ポイントカード画像

いま多くの企業や店舗でポイントカードはiphoneなどのスマホアプリ化が進んでいます。スマホアプリで持ち歩きできるものはどんどんスマホアプリに移行をしていくことで、スマホひとつでポイントカードの管理ができます。その結果、手元で持ち運びするポイントカードを減らすことができ、収納や整理がしやくすくなります。

スマホアプリを利用することでポイントカードの管理がとても楽になります。しかしスマホひとつにまとめられるからいって、使わないポイントカードまで入れてしまうとスマホの画面上で探す手間ができてしまい、結局時間を消費して損をすることになります。注意が必要です。

ポイントカードをスマホアプリで持つとしても使用頻度と還元率を考えて、ポイントがたまりづらいポイントカードは思い切って処分してしまうことが大切です。

また別の別の視点としては、ポイントカードはスマホアプリのものしか持たないという選択もあります。カードがなくなりスッキリしますし、キャッシュレス化の流れと合わせて手元で持つ現金やポイントカードを少なくすることができます。

まとめ

自分にとって本当に得するのはポイントがたくさんたまるポイントカードです。それを見分け方は以下がポイントです。

・使用頻度(購入金額)×ポイント還元率=貯まるポイント
・自分の生活範囲でたくさん貯まるのが得するポイントカードである
・ポイントが貯まらないポイントカードは捨てる
・ポイントカードをたくさん持って時間を消費するのはコスパが悪い
・スマホアプリで管理できると邪魔にならない
・スマホアプリでもポイントカードが増えすぎると時間を消費する

自分に生活範囲を考えてポイントがたくさん貯まる、本当に得をするポイントカードだけを持つようにすることで、節約しながら不必要な時間の消費を抑えることができます。

参考になれば幸いです。最後まで見て頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ライフハック
\ この記事をシェア /
スポンサーリンク
アルファノブログ