スポンサーリンク

5分のスキマ時間を有効活用する方法

今回は突然できた待ち時間を有効活用するための話です。

日常生活の中で「待ち合わせ時間まで少し時間ができてしまった」「電車が遅延して待ち時間ができてしまった」このように予期していなかった待ち時間が発生したことはありませんでしょうか。

そのような待ち時間(=スキマ時間)をうまく活用するには予め待ち時間にすることを考えておくことが有効です。

スキマ時間ができてときにすることを決めておくことで、時間の有効活用ができます。また、待たされている意識が薄れることで、予定の時間まで精神的にも余裕を持って待つことができます。

スキマ時間にやることを決めておく

スキマ時間が突然できることに備えて予め準備しておく、やることを決めておくことでスキマ時間を有効活用できます。

この準備をしておくことで突然のスキマ時間の発生にすぐやることにとりかかれます。準備がないとなんとなく時間が過ぎてしまったり、待たされることにイライラしたりすることもあるかもしれません。

きっちりと決めておくことには手間や抵抗を感じる方もいるかもしれません。しかしきっちりではなくてもいいので、予め決めておくことをおすすめします。スキマ時間を有効に使い、待ち時間にイライラすることも少なくなります。結果的に良い時間の使い方ができるようになります。

スキマ時間にできること

スキマ時間にできることはたくさんあります。自分に合うものを選んで準備しておくと良いです。目的はスキマ時間の有効活用と待ち時間を精神的に余裕を持ってすごすことです。何もすることがない場合は思い切って休憩時間と決めてしまうのもいいかもしれません。スキマ時間の有効活用を意識していきましょう。

スマホをする

スマホはかなり万能です。予めやることを決めておけば時間の有効活用が捗ります。一例としては以下がありますが、普段使っているアプリからピックアップしておくと時間を有効活用できます。

・天気チェック
・メールチェック
・メモのチェック
・ニュースチェック
・英語アプリ
・クイズアプリ
・脳トレアプリ
・スタディサプリ
・読書

読書

普段から本や雑誌を持ち歩いている方はスキマ時間には最適です。いまはスマホでも見ることができます。

・本
・雑誌
・新聞

SNSをする

SNSチェックはスキマ時間に適しています。さっと初めてさっとやめることができます。

・ツイッター
・フェイスブック
・インスタグラム
・その他のSNS

軽い運動をする

その場で動ける広さの範囲内にはなりますが、健康を意識される方にはおすすめです。

・背伸び
・首・肩・腕回し
・腕振り
・屈伸
・伸脚
・ストレッチ
・エクササイズ
・その他

自宅にいる場合

もし自宅でスキマ時間ができた場合は、広さに余裕があるので周りを気にせずできることが増えます。

・仮眠
・筋トレ
・ちょっとした掃除・家事

スキマ時間にすることの注意点

代表例としてはスマホゲームがありますが、ひと区切りがつくところまでやめられなかったり、やらないと成果が得られないものはスキマ時間に向いていません。ひと区切りつくまで終わらせるために、スキマ時間を活用しようとして逆にスキマ時間以上の時間を消費してしまいます。

スマホゲームでは相手と勝ち負けが決まるまで手が離せなくなることが多くあります。このような自分からやめることが難しいものはスキマ時間には適していませんので、注意が必要です。

まとめ

スキマ時間の有効活用には事前にやることの候補を決めておくとスムーズになります。できることをいくかあげていきましたが、自分に合ったものを考えておくと時間をうまく使えます。

実業家のホリエモンこと堀江さんはスキマ時間をスマホで有効活用するのがとても上手いです。突然のスキマ時間はただの待ち時間や暇つぶしで終わらせてしまうより、有効に
活用したいものです。

参考になれば幸いです。最後まで見て頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ライフハック
\ この記事をシェア /
スポンサーリンク
アルファノブログ