スポンサーリンク

プロ麻雀士 近藤誠一プロの紹介

プロ麻雀士、いわゆる麻雀プロの紹介です。イチ推しの麻雀プロの印象などを紹介します。

紹介するのは約2000人いる麻雀プロの中で、選りすぐりのトッププレイヤーです。強さや実績は当然ですが技術、個性やカリスマなど、突出した魅力を持つ麻雀プロです。

麻雀好きの方、また麻雀ができなくても麻雀プロに興味がある方はぜひご一読を。いままでの麻雀の認識とは違う一面が見えてくることと思います。

近藤誠一 (所属団体:最高位戦日本プロ麻雀協会)

近藤誠一プロ画像

容姿

細身長身、年齢は50代半ばにしてダンディな雰囲気。髪型は短めでさっぱり。前髪をあげておでこが出ているので明るい印象を受けます。

麻雀をするときの利き腕が左手なので放送対局ではテレビカメラの配置が他の人と左右逆になります。カメラーモーションがちょっと新鮮です。左利きの麻雀プロを集めて右手縛りで麻雀をする、とか企画してみたらどうなるでしょうか。

Mリーグの対戦時は所属のセガサミーフェニックスのユニーフォームを身にまとって対戦しています。近藤プロの細身の体にマッチしてユニフォームがよく似合っているように感じます。

あと対戦中の姿勢がいいことが特徴で、背筋がまっすぐです。

近藤誠一プロの容姿はこちらから

雀力・雀風

いま最強の麻雀プロのひとり。メンゼン主体で必要に応じてポンチーも使ってアガリを目指す。

基本をきちんと押さえて勝つ確率が高い選択を重ねることはもちろんできます。しかし確率重視のデジタル雀士とは一線を画す雀風です。

場合によっては確率よりも勢いや流れの存在を優先して選択をする(※追記参照)ケースもみられます。その選択が吉となることが多く、確率を超えた強さを合わせて持っています。
(※追記:勢い、流れというよりは「大量の研究と過去の対戦経験及びその対戦中の極めて高い集中力から選択される打牌」という言葉の方がより適切に感じます。直感という言い方もできますがそれを超える何かがある強さです)

今の若手プロは確率重視のデジタル雀士が多いのですが、これが世代間の差なのかもしれません。50代になる頃には今の若手プロも確率重視から離れていくのでしょうか。

深く鋭い読みに裏付けられた守備力も高いです。他家に放銃する牌をしっかり押さえて失点を抑えることはもちろん、状況が許せばそこから反撃に出て、逆にアガリきってしまうこともあります。対戦相手からすると脅威です。

獲得タイトル

・第37・40・41・43期 最高位 (4期)
・第29期 最強位 (2018年)
・他多数

強豪ぞろいの所属団体のリーグ戦で優勝4回。長期間に渡って安定した強さを保ち続けている証明です。

また直近では2018年の最強位を獲得。2019年5月現在、現最強位として君臨しています。最高位とのダブルタイトル保持で、その強さは50代半ばにしてますます盛んであります。

著書も出されています。「デジタルの向こう側」というタイトルが確率重視でないことを示しています。

解説者

解説者では勝つための確率を重視した解説をされます。紳士的な解説で打ち手でも解説者でもジェントルマンです。状況、確率を踏まえて説明を進めてくれます。

落ち着いた雰囲気の解説は聞いてためになりますし、声を聞いているだけで落ち着いた穏やかな気持ちになります。

現在タイトルホルダーであり、解説者としての出演も多いです。

魅力

50代半ばにして、いま最も強い麻雀プロのひとりに間違いなくあげられるでしょう。ビッグタイトルをふたつ保持しています。

真似できるような目立った雀風・特徴が見つけられないのですが、結果と実績は最強・最高の名にふさわしいものです。

強いて言えば流れ・勢いを読むこと。ひいては読みと押し引きの的確さになるでしょうか。これは見えないので真似することは相当に難しいです。

Mリーグのセガサミーフェニックスではチームメイトの女流プロふたり魚谷プロと茅森プロを引っ張って最後まで戦い抜きました。チームのお父さん、大黒柱としてふたりを支えていたと思います。

ビールをこよなく愛し、毎日帰宅のあとにはビールを飲むことが日課「このために生きてる」というほど。あとは休日の温泉が趣味。プロ競技者は体調管理も大切です。

Mリーグ

セガサミーフェニックスから第2巡指名を受けて、Mリーガーとして活躍しています。

Mリーグ2018ではファイナルシリーズ進出はなりませんでしたが、レギュラーシーズン中安定した戦いぶりでチームの支柱になりました。終盤に最下位になることを防ぐ活躍をみせました。

またMリーグ2019もセガサミーフェニックスと契約更新済みで出場が決定しています。

まとめ

最強の一角。デジタルも流れも使いこなす。ビールと温泉大好き。

ベテランの域に入ってなお最強の強さを魅せる。いつまでも活躍しそうでファンには楽しみ、対戦者には脅威。

強さの秘訣はデジタルの向こう側を知っているからか。放送対局でも見ることが多いので確率を超えた打牌選択は注目です。またMリーグではセガサミーフェニックスでの活躍が楽しみですね。

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

他の麻雀プロを見るにはこちらから