仮眠でスッキリする時間と方法

仮眠画像

仕事や日常生活の中で強い眠気に襲われる、そんなことはないでしょうか。

そのような時には仮眠をとることで眠気を払うことができます。短い時間、身体を休めることで、睡眠不足や疲れを取り除いて集中力を取り戻す効果があります。

また仮眠を取ることで仕事や作業の効率アップも見込めます。結果的に仮眠をとらずに仕事や作業を続けるよりも短い時間で終わることもあります。

どうしても仮眠をとる時間を確保できない場合もあるかと思います。そのようなケースについてもいくつか方法をあげていきます。

仮眠をとるメリット

仮眠をとることのメリットには以下があります。

・眠気の解消
・疲労の回復
・集中力アップ

また仮眠の効果と合わせて「仮眠をとろうとする意識=自分の身体を気遣う意識」という意識が心身に与える影響も大きいと感じます。

仮眠の時間は?

仮眠のためにとれる時間によりますが以下があります。

10~30分

ある程度時間がとれれば10分~30分くらい仮眠をとるとスッキリすることができます。

30分以上仮眠をとると深い睡眠に入った状態で目を覚ますことがあり、目が覚めた後に強い眠気が残る場合があります。そのため短時間であれば30分以下が目安になります。

1分

時間がとれない時は1分間だけ、目を閉じて深く呼吸をします。情報を遮断して休息を意識するだけでも、しないよりは全然違います。

仮眠の時間がとれない場合

このような場合は仮眠が必要になることを避けられるよう、予め十分な睡眠時間をとっておくことが一番ではあります。

しかしそうもいかない場合もあるかと思います。その場合の方法です。

・深呼吸する
・背伸びする
・用事がなくても歩く
・用事がなくてもトイレに行く
・顔を洗う

トイレに行くことを止められるケースは多くないかと思いますが、会議など席を外せない用事の場合もあります。

上にあげた方法ができないとわかっているときは、睡眠時間を十分にとるなど事前に備えておくことがベターと言えそうです。

自分に合う仮眠を見つける

仮眠画像

自分に合う仮眠のとり方を見つけることで、その効果を上げることができます。

・時間を何分にするか
・周囲の明るさを遮断するか
・どのような姿勢にするか

時間は自分にとって足りないと感じることがない長さがよいです。足りないと感じるともう一度仮眠をとる、ということにもなりかねません。

周囲の明るさが気になる方は、アイマスクなど遮光効果があるものを使うとよいです。

姿勢は自分に馴染む、楽な姿勢が望ましいです。

自分に合う仮眠の例

以下は私のケースですが、この仮眠の仕方でリフレッシュできています。

・時間は15分
・周囲が明るい時はアイマスクで遮光
・姿勢は椅子に深く腰掛けて下を向く
・寒い時は上着をかける

時間は15分がちょうどよい長さでした。これよりも短いと、もう一度仮眠をとりたくなってしまいます。そしてこれよりも長いと長すぎて眠気が残る場合がありました。

明るさがそれほど気にならない方はアイマスクは不要です。姿勢は伏せるほうが仮眠しやすい方もいるかもしれません。

時間や姿勢などいくつか試してみて、自分がスッキリする仮眠の方法を見つけるとよいと思われます。

まとめ

仮眠をとるメリットは眠気解消、疲労回復、集中力アップがあります。

仮眠の時間は10~30分くらいが効果的です。時間が取れなければ1分だけでもしないよりは全然違います。

仮眠の時間がとれないときは何か理由をつけて歩いたりする。それもできないときは睡眠時間を十分とっておき、仮眠がいらないようにするのがベターです。

自分に合う仮眠のとり方を見つけることで仮眠をより効果的にできます。

仮眠をうまくとって作業を効率的に進めましょう。参考になれば幸いです。